イビサクリームはちくびの敏感肌に使用できる?!

ちくびが黒ずんでしまう原因

 

イビサクリームは、デリケートゾーンの黒ずみ改善に人気のある美白クリームですが、基本的にはお肌の黒ずみに効果があり、ちくびにも使用することができます。

 

ちくびが黒ずんでいると、彼氏に「遊んでいる」と勘違いされたり、温泉旅行で「周りの視線が気になったり」、何かと気がかりになってしまいます。

 

黒ずみの原因は、下着による摩擦や圧迫、年齢による場合があります。

 

下着による擦れや摩擦により、ちくびや乳輪に刺激を与えてしまい、お肌が組織を守ろうとすることからメラニンを生成して黒ずみになるのです。

 

若いころはお肌のターンオーバーが活発になっているため、傷の治りが早かったり、日焼けをしてもすぐに角質が剥がれ落ちて元の色に戻りやすいのです。

 

しかし、年を重ねるにつれ、ターンオーバーサイクルが衰えてくると、古い角質が表面に残りやすくなります。

 

その結果、お肌に黒ずみとして残ってしまうのです。

 

また、 妊娠や出産もちくびが黒ずんでしまう原因となりやすい傾向にあります。

 

赤ちゃんが産まれると、授乳が始まります。

 

授乳をすると、赤ちゃんがちくびに吸い付くことから、ちくびが刺激となり、お肌の組織を守ろうとするため、メラニンが生成されて、乳首が黒くなってしまうことがあります。

 

このように、ちくびの黒ずみは様々な原因によってメラニンが生成され、蓄積されることにより起こるのです。

 

そのような女性の悩みを解決してくれるのがイビサクリームで、黒ずみ解消として多くの支持率を誇っているのです。

 

継続することが大切

黒ずみが解消されても、イビサクリームの使用を中止すると新たなメラニン色素が生成されて、リバウンド黒ずみが、でてくる可能性もあります。

 

イビサクリームにはメラニンを分解してくれる成分や、メラニンを抑制してくれる成分が配合されています。

 

すでに生成されてしまったメラニンを分解して黒ずみを解消するとともに、メラニンを抑えながら新しい黒ずみも未然に阻止することができるのです。

 

さらに、保湿成分も優れていることから、乾燥肌を防いで、メラニンが生成されにくい健康な美肌に導く効果があります。

 

現在、黒ずみがない箇所でも、油断は禁物です。

 

イビサクリームを継続して使用することにより、黒ずみを予防しながら美白なお肌を手に入れれば、本当の意味での綺麗なバストを実現することができるでしょう!

 

 

TOPページでは、黒ずみ改善クリーム『イビサクリーム』について紹介しています。美白を実現したい方のために、イビサクリームの口コミ・効果・最安値での購入方法・解約方法・配送方法などお得な情報を掲載しています。